設立趣旨

更新日: 2012/10/14

歴史的建造物や近代化遺産、産業遺産などを含む歴史的地域資産の保存活用の重要性は全国的に認識され、北海道でも多くの歴史的地域資産が保存活用さ れつつあります。

しかし一方で、創建時の図面・建築一件書類の散逸、消失、建築技術・技能の未継承などが急速に進んでおり、北海道における建築アーカイブの保存活用拠点の構築が急がれる状況でもあります。

また、歴史的地域資産の保存活用が市民の中で強く認識されてきているにも関わらず、専門的な相談窓口や体制づくりは十分なものとはいえません。

本法人は、北海道内の学術研究者・専門家の能力をネットワーク化し、歴史的地域資産データの一元化、歴史的地域資産の調査・研究・評価、改修修復工事への助言や専門的判断、歴史的地域資産の施設管理運営など、まちづくりや地域づくり、学術・文化の発展・振興に寄与することを目的として設立しました。

本趣旨に賛同いただき、皆様のお力添えをいただきながら、活動していきたいと考えております。               

代表理事 角 幸博