おしらせ

2016年2月15日〜 「れき・まち・ひろば in チカホ 2016」パネル展およびフォーラムを開催

更新日: 2016/01/22

当れきけんが調査業務を担当しました寿都町のカクジュウ佐藤家が史跡指定に、網走の博物館網走監獄が重要文化財に指定されることになりました。

[第163回文化審議会文化財分科会にて答申:「旧網走監」および「旧網走刑務所二見ヶ岡刑務支所(二見ヶ岡農場)」、第164回文化審議会文化財分科会にて答申:「旧歌棄佐藤家漁場」]

これから、ますます観光立国北海道として、また文化財の観光資源としての活用に期待が高まっています。
そこで、この度の史跡指定、重要文化財指定を機に、それぞれの地域で取ん組まれている歴史的地域資産や文化財を活かしたまちづくり、地域活性化の取り組みを中心としたパネル展およびフォーラムを開催いたします。

      ◼︎パネル展
      歴史的地域資産パネル展 ~寿都町と博物館網走監獄の取組み~

        開催日時:2月15日(月)~21日(日)
        場所:札幌駅前通地下歩行空間

    ◼︎フォーラム
    文化財記念フォーラム「寿都町と博物館網走監獄の取組みからまちづくりを考える」

      日時:2016 年2月15 日 18 時30 分~
      場所:札幌駅前通地下歩行空間(札幌駅側イベントスペース)

        フォーラムでは、寿都より片岡春雄寿都町長、網走より鈴木雅宣網走監獄保存財団理事長をお招きして話題提供をいただくとともに、つづくパネルディスカッションでは、れきけん代表理事の角幸博がコーディネーターとなり、さらにフリーライター・編集者の北室かず子氏にも登壇いただいて、これからの歴史的地域資産の有効活用についてのトークを行います。

      主催:特定非営利活動法人 歴史的地域資産研究機構(れきけん)、札幌駅前通まちづくり株式会社
      共催:JUDI 都市環境デザイン会議

      (どちらも入場無料)

    詳しくは、フライヤーをご覧ください