おしらせ

速報:角幸博代表、札幌芸術賞を受賞

更新日: 2015/10/21

朗報!
当れきけんの角幸博代表理事が、札幌芸術賞(平成27年度・第44回)を受賞しました。

    札幌芸術賞とは(札幌文化奨励賞とともに発表)、札幌市のウェブサイトによると、以下のように記されています。
    ─札幌芸術賞・札幌文化奨励賞は、札幌市の芸術文化の振興に資することを目的とし、美術、文学、音楽、演劇、舞踊等の芸術文化の進展に関し、すぐれた活動を行っている個人又は団体に対して贈呈するものです。
    (平成13年度から、札幌市民芸術賞は札幌芸術賞に、札幌市民文化奨励賞は札幌文化奨励賞に、それぞれ賞名を変更しました。)─

      昭和48年度から始まり、平成27年度は第44回目となります。これまで、さまざまな分野の方々が受賞されてきたなか、建築分野の受賞者には、建築家の上遠野徹さん(S58)、圓山彬雄さん(H14)がいます(意外に少ない…)。それに続いて、3人目の受賞。しかも建築史の分野では初となりました。
      大変喜ばしいことです!